2018年10月4日(木) 第13回 しんきんビジネスマッチング ビジネスフェア2018

文字サイズ:
  • -2
  • -1
  • 0
  • +1
  • +2

過去の出展者の声

ビジネスフェア2017商談成功事例

デルター 株式会社

代表者︰戸松 啓二

所在地︰愛知県岡崎市東明大寺町9−10
業 種︰ホームページの企画制作と運用
TEL ︰0564-65-1088
URL ︰https://www.deltar.co.jp

 

しんきんビジネスフェアは当社の標準業務の一つです

デルター株式会社は、ホームページの企画制作と運用を行っています。自社開発したシステムと独自のメソッドで、質の高いスマホ対応ホームページを他社の何倍も速く作ってしまいます。完成した後の活用やフォローも充実しており、年々お客様を増やしています。

ビジネスフェアには7年ほど前から出展を始め、3年目から継続的に成果が出ています。今回のフェアでは、強みを活かして「ホームページの無料試作」という新メニューを打ち出しました。普通は契約してから作るのですが、企画提案の段階で作って見せてしまうのです。

契約をする前に価格や品質が確かめられると好評です。納期の心配もありません。実物を見ながら相談ができるので話も早く進みます。当日は、こうした内容を織り込んだチラシを用意。ブースにはカラフルなタペストリーが並び、来場者の目を引いていました。

 

自然体で接するスタッフに、来場者はリラックスして今のホームページの課題を話します。後日の訪問機会をいただいて対応完了。その後、無料試作つきの企画提案を行い成約に至りました。まだ交渉中の案件もあり、新しい協力企業も見つかっています。

パンフレットやチラシ、タペストリーは、毎年フェアに合わせて作ります。フェアの後も普段の営業に使ったり、会社の接客スペースで活用するので無駄がありません。フェアでご縁ができた先は、すぐに仕事にならなくても長期アプローチ先に加え受注につなげています。

蒲郡信用金庫は現在メインバンクとしてお付き合いさせていただいています。最近は事業承継の意味も含め、自社の株式購入についての提案・情報の提供をいたしました。また、助成制度の活用や総務系のサービスを行う企業などの紹介を行い、実際にご利用いただいています。

 

ビジネスフェア2017商談成功事例︰デルター 株式会社(PDF)

株式会社 久田見製作所

代表者︰岡田 邦春

所在地︰岐阜県可児郡御嵩町上恵土191-2
業務内容︰電子基板の実装・電子機器の組立
TEL ︰0574-67-5599
URL ︰http://www.kutami.co.jp

 

ビジネスフェア2017出展を機会に、間接的に販路開拓

東濃信用金庫の取引先 (株)久田見製作所は、「テレビ基板の組立」を主業として昭和47年7月 岐阜県加茂郡八百津町久田見にて創業。その後、「マイクロホンの委託製造」「自動販売機用リレーボックス他製造」「テレビ用選局ブロックの製造」「自動販売機用電装品の製造」等の受注を経て、平成元年4月に御嵩工場(現本社)を新築、それを機に「電子、電装品、制御機器の製造」を主業として注力したことで「①電子基板の実装及び電子機器の組立をメインとした電子工場」である現在の(株)久田見製作所が形成されました。

今では、本業である基板実装や電子機器の組立・アッセンブリはもちろんのこと、製品の開発や設計を含めた上流工程からの依頼も請けています。また、近年は②IOT製品の開発・試作・量産の依頼を受ける事も多くなりました。

ビジネスフェア2017には①・②業務の発注希望事業者とのマッチング及びIOT関連の製造開発に伴うアプリの開発を含めたIOT事業者と業務提携の機会になればと参加しました。
残念ながら、ビジネスフェア2017で出会った事業者との間で直接取引には至りませんでしたが、同フェアに出展していた「中小機構 中部」が仲介する、某大手企業の「新技術・新工法展示商談会」への参加を「中小機構 中部」より打診されて(参加者は金属加工業者が多く、電子機器関係業者が少数であったことから)参加。

その結果、当社の業務が某大手企業担当者の目に留まり、当社提示金額のままで新規受注を請けることができ、現在ではその付帯業務も請負っています。「ビジネスフェア2017」への出展を通じて、間接的に販路開拓を図ることができました。

 

当社と東農信用金庫は25年超の取引関係にあり、金庫の地区担当者から定例訪問を受ける中で身近な相談相手・ファーストコールバンクとしての信頼関係を構築、当社の成長を助けていただくため金融支援を続けていただきました。

また、近年は課題解決型の提案として、各種ビジネスフェア・講演会の紹介・参加依頼、各種補助金等の情報提供をいただき、過年度には「ものづくり補助金」を紹介、認定支援機関として同補助金申請支援のお手伝いもいただきました。また、事業承継支援として後継予定者の東農信用金庫後援会組織への加入等も行っています。

 

ビジネスフェア2017商談成功事例︰株式会社 久田見製作所(PDF)

有限会社 エム・ケイ機器

代表者︰田中 隆

所在地︰静岡県沼津市西島町19-24
業務内容︰自動消毒液噴霧器、ステッピングモーター等の製造
TEL ︰055-933-7211
URL ︰https://mkkiki.com/

 

商品の特徴を活かした提案商談により新規取引成功

当社は、「ビジネスフェア2017」に出展致しました自動消毒液噴霧器「オートディスペンサーSHU-MK02」(以下、「オートディスペンサー」という。)の製造をはじめ、ステッピングモータ、ケーブルアッセンブリ等の製造を手掛けております。

オートディスペンサーは「手指消毒を簡便に行える自動装置」をコンセプトとし、人感センサーによって人が装置本体に手で触れることなく衛生的にアルコール消毒液を自動噴霧することができます。また、液剤の噴霧量の調整が可能で、多彩な液剤にも対応でき、卓上、壁掛け等の設置場所を選ばない洗練された商品であります。

ビジネスフェア2017ではオートディスペンサーの販路拡大のために出展し、静岡県東部で衛生関連の商品販売を行っている企業と商談しました。商談においては、当社の商品が液剤の種類を選ばずに霧状に自動噴霧できる特徴を生かし、商談先の商品を販売する際の営業ツールにできないかが議論となり、商談先において取り扱いを検討することで当日の商談は終了いたしました。

後日、商談先が試験的に営業ツールとしてオートディスペンサーを持って新規先や既存先を訪問したところ、担当者の反応が良好であったため、追加販売を重ねて継続的な取引となっております。

 

沼津信用金庫は、平成17年より取引を開始しております。当社は、常に事業に対し真摯に取り組まれており、その姿勢は今も変わっておりません。今後も共に成長していきたいと考えております。

 

ビジネスフェア2017商談成功事例︰有限会社 エム・ケイ機器(PDF)

株式会社 イーモア

代表者︰名倉 孝次

所在地︰静岡県浜松市南区三和町360
業 種︰屋根工事、建築資材販売(屋根材・防滑材)
TEL ︰053-424-6610
URL ︰https://e-more.co.jp/

 

商談に向けてきめ細やかな対応で準備万全

当社は平成23年創業、屋根工事業・建築資材販売業を営み、防滑材を活用した営業施工をする販売取扱店様を全国的に募集することで全国展開・販路拡張を図っています。
特に、防滑事業は、高齢化時代を迎えた今日、高齢者が転倒事故で寝たきりになることを防止するため、スロープ・手すりと並んでバリアフリーの標準になると考えられていることから、莫大な市場拡大が見込まれ、新規事業をお探しの全国多業種の事業者様が参入されています。

取扱商品である、防滑材「カパラグリップ」は特許を取得、さらに静岡県のリサイクル認定品であり、環境にも配慮した商品となっています。

当社では、自社開発防滑材を営業・施工する事業者様を募集する活動を昨年より本格的に開始し、現在、参入頂いている事業者様は全国で約40社に拡大しています。

 

商談成約に向けての活動としては、営業担当者がガイドブック掲載企業から新規参入が見込まれそうな企業様をリストアップし商談申込書を作成しました。
商談を受諾いただいた企業様が決定してからは、フェア当日の商談時間のアポ取りのほか、事前に会社案内や商品カタログを送付して当社の事業内容をご理解いただくとともに、事前に連絡を取り合うなどして当日の商談を迎えました。

事前準備を万全に行い商談に挑んだ結果、新規事業者様3社と御契約に至りました。事業拡大には、取引する遠州信用金庫様の支援が必要不可欠であり、共に良い関係の構築に努め、今後も相互に協力し合っていきたいと考えています。

 

ビジネスフェア2017商談成功事例︰株式会社 イーモア(PDF)